身だしなみはとっても大切

第一印象というのは、どこに行くにしても誰に会うにしても、一番大切なことです。

 

特に、働きたいアルバイト先への面接の場合には、
いつもにも増して身だしなみには十分に注意を払う必要があるでしょう。

 

面接はアピールの場ではありますが、それは「目立てばいい」ということではありません。
外見で目立つアピールをするのではなくて、
まずは真面目で誠実なイメージを持ってもらえるようなきちんとした服装が望ましいと言えます。

 

間違っても、オシャレをアピールするためのボロボロのダメージジーンズを
穿いていくべきではありません。
また、女性の方は、露出の高いキャミソールやミニスカートも避けたほうが無難です。

 

アルバイトの種類にもよりますが、茶髪や男性の長髪が認められていない職場もあるので、
募集広告にそのような記述がないかどうかを事前にチェックしておくと良いでしょう。
当たり前ですが、茶髪NGと記載されているアルバイト先に茶髪で面接に行っても、
採用される確率はゼロに近いと思われます。

 

また、メイクやヘアスタイルも、アルバイト先の雰囲気のそぐうものでないと、
それだけであなたの印象が悪くなってしまうので注意してください。
例えば、飲食店の仕事なのに、派手なメイクやネイルなどをしていれば、
採用した後もこんな格好で来られたらどうしよう、と面接担当者が思ってしまうかもしれません。

 

面接には、自分が応募しているアルバイト先の雰囲気に見合った格好で、
清潔感のある身だしなみで臨むようにしてください。

みんなに選ばれているバイト求人サイト↓