アルバイトをしたい高校生が注意すべきこと

アルバイトを初めて経験する年代といえば大体高校生くらいの方が一番多いようです。
高校生になると、コンビニやファーストフード店、
レストランなどを中心にアルバイトができるようになります。

 

しかし注意したいのが高校生はアルバイトをする上でいくつかの制約がある、ということ。

 

まず学校の多くはアルバイトを許可制にしているので、学校側への届出が必要です。
学校側への届出がない場合、見つかってしまうと指導を受けたり、
最悪の場合何らかの処分を受けることもあります。

 

また、両親からの同意欄を記載を求められるケースもありますので、
アルバイトをしたいときは事前にこういった問題をクリアしておきましょう。

 

求人へ応募をする際ですが、一部のお店では高校生の応募を不可としていることがあります。
その為、高校生可と記載されているお店への応募が望ましいのですが、
どちらかわからない場合は事前に電話で高校生の応募が可能かどうかを確認しておきましょう。

 

いざ勤務となった場合に気をつけたいのが、勤務時間の問題。
法律では18歳以下が労働する場合、夜10時までの勤務と定められています。
大手のチェーン店であればそういった部分はしっかりとしていますが、
個人の店などで勤務する際は事前に相談しておいたほうが無難です。

 

高校生でアルバイトをするのは様々な事情があるでしょうが、
どちらにしても社会に出る前に「労働」を経験しておくのはこれからの人生にとって必ずプラスになることです。

 

制約や制限の中で、是非アルバイトをして、一つ人生の経験を積んでみてはいかがでしょうか。

みんなに選ばれているバイト求人サイト↓