東京ディズニーランドの「非接客業務」の職種

東京ディズニーランドでアルバイトをする場合、
来園するゲストと直接関わらず基本的に裏方として働く業務が「非接客業務」の職種です。

 

接客業務ばかりに注目がいきがちですが、こ
の非接客業務に分けられる職種も実は8種類もあるのです。
接客業務と同様に、基本時給は(8時から22時までの勤務時間帯)1,000円以上と設定されています。

 

非接客業務の職種で基本時給が1,000円の職種は以下の通りです。

 

・テラーキャスト チケット代金や金銭の管理
・マーチャンダイズストックキャスト 販売商品の在庫管理
・クラークキャスト 一般事務、総務的な諸雑務を行う
・カリナリーキャスト 調理補助、調理担当や洗い場を受け持つ

 

上記の職種よりも少し高い時給設定になっている職種は以下の通りです。
少しでも高い時給を望んでいる人には必見ですが、
中には経験者や専門的な知識が求められる場合もあります。

 

・ディストリビューションキャスト 荷物の配送手配や保管を担当(1,100円)
・ワークルームキャスト キャスト(アルバイト)やショーで使うのコスチュームのデザイン製作や修繕(1,100円)
=工業用のミシンの扱いが出来る経験者が条件です。
・ファシリティキャスト 園内のペイント作業、ウィンドウディスプレイなどのデコレーションを担当(1,100円)
=デザインの知識が求められます。
・ウィッグキャスト かつら製作担当(1,150円)
美容師免許取得が条件です。

 

東京ディズニーランドの非接客業務の中で、美容師免許の資格が必要になっている「ウィッグキャスト」職種は一番時給が高いアルバイトとなっています。

 

更に、東京ディズニーランドでは朝の7時から8時までの時間帯は早朝手当てが加算され基本時給に2割上乗せされます。

 

また、22時から25時までは深夜手当てが加算され基本時給に5割上乗せされるので、
加算される各種手当てについても好条件だといえるでしょう。

 

ps

 

ディズニーのバイトに応募したい人はこちら

 

※フリーワード検索で「ディズニー」と入力してください。

関連ページ

ディズニーランドでバイトするのには資格が必要?
ディズニーランドでバイトするのには資格が必要か。
ディズニーランドバイトの特典
ディズニーランドバイトの特典について
ディズニーランドでアルバイトをするメリット
ディズニーランドでアルバイトをするメリットについて
ディズニーランドで評価されるアルバイト
ディズニーランドで評価されるアルバイトとは
カリナリーキャストとして働く方法
ディズニーランドでカリナリーキャストとして働くには?
パーキングロットキャストとセキュリティオフィサー
駐車場で働く パーキングロットキャスト、安全を維持するセキュリティオフィサーについて
ワールドバザールキャストとゲストリレーションキャスト
ワールドバザールキャスト・ゲストリレーションキャストについて
高校生でもディズニーランドでアルバイトができる?
高校生でもディズニーランドでアルバイトができるのでしょうか?
人気アトラクションの鉄道運転手と補佐のアルバイト
ディズニーランドの人気アトラクションの鉄道運転手と補佐のアルバイト
カストーディアルキャストとは
カストーディアルキャストとは?
東京ディズニーランドのアルバイト勤務形態
東京ディズニーランドのアルバイト勤務形態について
東京ディズニーランドの「接客業務」の職種
東京ディズニーランドの「接客業務」の職種について
ディズニーランドのアルバイトで仲間を作ろう
ディズニーランドのアルバイトで仲間を作ろう
ディズニーランドのゲストコントロールキャスト
ディズニーランドのゲストコントロールキャストについて
ディズニーランドで勤務時間帯ごとに募集される職種
ディズニーランドで勤務時間帯ごとに募集される職種について
アトラクションキャストになるには
アトラクションキャストになるにはどうすればなれる?